井上光徳

記事一覧(20)

濃厚な純豆乳を味わいたい!!そんな方には

良質な大豆イソフラボンやたんぱく質など豆乳を飲むことで大豆の高い栄養素を簡単に摂取することができます。地球人倶楽部では、毎日の習慣化によって健康をサポートできるようまろやかで美味しい、飲みやすい豆乳ばかりを用意しております。無添加、無調整!島根県産大豆を100%使用した≪豆腐工房≫しろうさぎの豆乳島根県奥出雲産の契約栽培大豆を100%しようしており無添加、無調整で作りあげた豆乳です。無調整豆乳のため、大豆本来の美味しさをお楽しみいただけることができます。濃厚ですが、青臭さや炒った豆の味もせずクセがないので、そのまま飲めてしまうアピュアな豆乳です。また、無菌充填のため常温保存も可能です。さらっとしていて臭いがある一般の豆乳と比べてしまうのもなんですが、クセがなく、ゆっくり舌でころがすようにして飲みたくなってしまう、これぞ豆乳、豆の乳!といった味わいです。1パック125ccの量に奥出雲産の厳選大豆が大量に使われているため濃厚な味わいです。Online Store>>Membership>>無添加、無調整!島根県産大豆を100%使用した三之助 豆乳島根県奥出雲産の契約栽培大豆を100%しようしており無添加、無調整で作りあげた豆乳です。無調整豆乳のため、大豆本来の美味しさをお楽しみいただけることができます。濃厚ですが、青臭さや炒った豆の味もせずクセがないので、そのまま飲めてしまうアピュアな豆乳です。また、無菌充填のため常温保存も可能です。豆乳として召し上がっていただのはもちろん、手作りの寄せ豆腐や湯葉もお楽しみいただける豆乳。毎朝搾った美味しい豆腐をそのままボトルに詰めました。朝一番に搾った豆の味は、濃厚でとっても甘い。まるで飲むお豆腐です。豆乳鍋はもちろん、スープにしたり、手造り豆腐を造ったりとお料理にもデザート造りにも活躍します。Online Store>>Membership>>ヨーロッパで最高品質の大豆飲料を製造することを目指すプロヴァメル・オーガニックヨーロッパで最高品質の大豆飲料を目指すベルギーにあるプロヴァメルの人気の豆乳シリーズ。遺伝子組換えのない安心の有機大豆や、ナチュラルな有機原料のみを使って飲みやすく楽しい豆乳を製造しています。同シリーズでは、毎日飽きずに飲みやすくするために、バニラ、ストロベリー、チョコレート、バナナ、プレーンなど、様々な味を用意しいているのも人気の秘密です!オーガニックフレーバー豆乳シリーズこのシリーズ3つの中では、一番甘さが感じられるバナナ豆乳。コーンフレークにこの冷やしたバナナ豆乳にさらに輪切りのバナナという朝食は、どんなに食の細いお子さんも完食まちがいなし。Online store>>Membership>>無添加、無調整!島根県産大豆を100%使用したマルサンの有機栽培豆乳「LOVE健康シリーズ」【遺伝子組換え原料不使用】ストロー付き!今までの「麦芽」の原材料を変更し、甘さを控え、カフェインレスコーヒーを使用したおいしい飲料に。麦芽の香ばしいエキス、玄米等を加え、ミルクコーヒーの豆乳版として召し上がっていただけます。1パックあたりのカロリーは、130kcal。Online store>>Membership>>

レモンのオリーブオイル!シクラム・EX.V. レモンオリーブオイル

リピーター続出の人気オイルシクラムのレモンオイルの特徴は、化学物質、人工香料が入っておらず自然な美味しさが愉しめる点です。シクラムの自然農法オリーブ園内にはレモンやマンダリンオレンジなども植えてあり、そのレモンの皮を圧搾したオイルをミックスしているのです。マイルドな味のシクラムをベースにレモンの皮の油をミックスしていてとても爽やか、パン、トマト、アボガド、生ニンジン、ふかしたじゃがいも、カルパッチョにと何にでも相性がよいため、ファンが多いオイルです。この素晴らしいオイルをもっと多くの方に味わっていただければと思います。人気のレシピトマトがご馳走になる!1.トマトをスライスして玉ねぎをのせ、天然塩とコショウ、ビネガー、そしてレモンのオイルをかけてみて下さい。簡単ですがトマトのご馳走、このレシピはどなたが食べても喜んでいただけます。2.マグロのお刺身にかけてカルパッチョ。醤油とミックスさせても大変よく合いますよ。3.アボガドが好きな方は、醤油と一緒にどうぞ。これも簡単ですがハマる一品です。マグロと一緒にするとちょっとした一品となります。4.パンにつけて。実はこれが一番、ポピュラーでしょう!5.ヨーグルトにかけている方もたくさんいらしゃいます。マグロのカルパッチョは絶品

農園菓子工房ホトトギスさんのブラウニー

未来につなげる酪農「木次乳業」

自然に逆らわない生産 「食べるということ」は、地球上の生物のいのちをいただくこと。これが創業者佐藤忠吉の口ぐせです。一般に旬の食べ物は栄養価が高く、季節に応じて体調を整える作用をもつといわれます。たとえば夏野菜には体を冷やす働き、冬野菜には体を暖める働きがあり、夏・冬逆転して食べては、栄養や効能も無駄になる。私たちは基本的には、日本に古くからある知恵に学び、地域の気候風土にあった食品生産をしていきたいと考えています。食品製造の要は素材 「生産者自らが健康でなければ、まともな食べ物を供給できるはずがない」。これもまた創業者の持論です。木次乳業には社内食堂があり、全社員の昼食を賄っています。米や野菜はすべて自給自足。自社農園の田んぼや畑を耕し、無農薬で育てています。味噌や豆腐も作っています。社内自給は社員の健康を維持する手段。食べ物の安全性が見えるところで作られたものを食べる。「地産地消」の実践でもあります。と同時に、ものを作り出す技術と暮しに学び、社員研修の場にもなっています。「食品製造業の要は、素材に尽きる」という創業以来の原点を忘れないためです。『百姓』の意味するもの 創業者である佐藤忠吉は名刺の肩書きを「百姓」で通し、酪農を核とした有機農業にこだわり続けました。有機農法の草分けとして、「有機農業マイスター」の称号をいただき、日本有機農業研究会のメンバーとして、現在も有機畜産の推進に関わっています。百姓は百の作物を作る人。米作り、野菜作りはもとより、微生物学、栄養学、気象・天文学などに通じる知恵を駆使し、土作りに始まって炭焼き、牛飼い、養蚕、大工までをこなす人間。そうした百姓が集まり地域自給、村落共同体を再生しようと、木次の自然を大切にしながら仲間作りを続けてきました。その実践は、農村の保健・医療・福祉の向上にも尽くしたとして、日本農村医学会の「日本農業新聞医学賞」に選ばれました。有機牛乳作りをめざして 当社の日登牧場では、非遺伝子組換えの配合飼料、野草の混ざった牧草を餌に使っています。配合飼料は一般に流通しているものより高価ですが、将来的には原料乳になる全ての酪農家に、非遺伝子組換えと有機の飼料を使ってもらい、本格的な有機牛乳づくりに取り組む計画です。いのちを慈しむお母さんたちへ 子どもたちへの「食育」やスローフード運動は、そういう社会に根づくのだと思います。子どもの健康、家族の健康をあずかるお母さんたち、そして新たな生命を宿す未来のお母さんには、特に関心をもってほしいと願っています。Online Store>>Membership>>

放し飼い卵 ecocco エコッコ

飼育管理鶏の健康を第一に考え、生まれたばかりの雛(初生雛)を導入して飼育しています。また、国で定められた鶏病に対するワクチンの接種も積極的に行い、鶏病予防に努めています。成鶏舎ではウインドレス鶏舎と開放鶏舎の両方を備え、鶏の健康管理と衛生管理を行っています。ナチュラルファームアニマルウェルフェアの考えに基づき、EUで広く普及しているBig Dutchman社製の直立体型放し飼い飼育システム”Natura-Nova System”をアジア圏で初めて採用しています。休息、睡眠時に止まり木で休む休息エリア、いつでも新鮮な水と飼料が与えられる給餌給水エリア、落ち着いた自然な状態で産卵することができる産卵エリア、砂浴び行動ができる床下運動エリアなど、広い空間を自由気ままに動き回り、鶏本来の行動欲求を満たすことができる「にわとりにやさしい」農場です。配合飼料季節、日齢、栄養バランスを考えて自社ブレンドした配合飼料を与えています。主な食材(飼料原料)・・・とうもろこし(非遺伝子組換え)、大豆粕(非遺伝子組換え)、国産飼料米(籾米)、魚粉、米糠、昆布、カキガラ、ゴマ、食塩、炭酸カルシウム、リン酸カルシウム、ビタミン、ミネラルなど埼玉県 彩の国優良生産管理農場に認証される平成17年に「埼玉県 彩の国優良生産管理農場」認証。これは埼玉県内産の食肉や鶏卵など畜産物の生産農場で、ガイドラインに取り組み特に優れた衛生管理により生産段階における食の安全と安心を実施している農場という認証です。また所轄の家畜保健衛生所より年2回の定期監査を受けています。Online Store>>Membership>>

未来豚の生産者・江原さんについて

美しい言葉「篤農」辞書をひけば、農業に研究熱心なこと。と、さらりとありますが、日本農業が誇り高く、かくあれと願う象徴的な言葉です。地球人倶楽部がお届けしている、「未来豚」の生産者・江原さんは、まさに父子二代に渡る「篤農家」として、日本全国の養豚家に、また地域の尊敬を集める模範的農家として知られています。国内で2つしかない有機JAS指定工場に現社長の父である平治さんが養豚をはじめたのが、昭和26年。「農業の基本は土作りから」という考え方の基に養豚を取り入れた複合経営を開始。以来55年。息子、正治さんが昭和52年に社長に就任されてからは、堆肥処理や浄化処理など、畜産が解決すべき課題にいち早く取り組み、環境三法が施行される15年も前から養豚の公害にかかわる課題を克服。このまま順調に進めば何の問題もなかったのですが、次に生活者のみなさんが求めるものは、もっと本質的でもっとシンプルな安全性だと確信し、「抗生物質・合成抗菌剤不使用」の無投薬豚の生産にとりかかる。しかし、無投薬豚の生産は予想以上に難しく、降りかかる問題をひとつひとつ潰し、肉質を向上させ、満足のいく仕上がりにこぎつけるまでには5年もの歳月がかかりました。生産性が激減し、採算は合わず、三年目には本気でやめようと思ったといわれます。しかし、「薬を使えばなんなく生産性は戻るだろうが、今まで積み上げてきたノウハウやプライドは捨てられない」。こうして一頭一頭の固体識別管理を徹底し、病気にかかった豚は、保護豚として分離し、「生産情報公表JAS」の認定も取得し、現在は、日本で2つしかない有機JAS指定農場となっています。無投薬豚を作る目的近年、食を取り巻く環境は大きく様変わりしており、中でもBSEをはじめ、O157等食肉関係だけでも新しい問題が登場してきました。また、輸入畜肉に関する残留薬物の問題と、それが人体に何らかの悪影響を及ぼすことも懸念されています。そこで、当農場では、平成12年から全生産ステージで「抗菌性物質」をまったく使用しない飼料による生産にこぎつけました。「丈夫で元気な豚肉つくり」を目指して、限られた生産量ですが、消費者の方に「真に安心、安全な豚肉」を食べていただくために日々努力し生産しています。ハーブ豚を無投薬で育てるきっかけこの農場で育てられる「ハーブ豚」は家畜に給与する配合飼料に抗菌剤を一切使用せず、治療も一切行わない無投薬飼育※1です。江原正治さんの父、故平治さんは農林水産祭・天皇杯や勲五等瑞宝章などを受章、また、正治さんも農林水産祭・内閣総理大臣賞や日本農業賞・大賞などを受賞されるなど地元でも篤農家のご家族です。江原さんからこの取組についてお話をお伺いしました。2000年に飼料会社の獣医さんから無投薬飼育をやってみませんかとの打診がありました。試験的に100頭を無投薬飼育し出荷したところ、内臓の綺麗な健康な豚に育ちました。2001年2月すぐさま無薬飼育をスタートします。「消費者においしくて安全な豚肉を届けたい」そんな想いと、高い理想で日々生産に取り組みました。ところが、その高いハードル故になかなか豚が安定して育ちません。また同時に売り上げも伸びませんでした。そんな状況が3年も続きさすがにやめようと思う日々が続きました。そんな中、ある講演会に出席しました。その中で話されていたのは、抗生物質が耐性菌により利かない病気の人達が世の中にたくさんいるとのことでした。講演された大学教授に自分の養豚生産の取組と無投薬飼育をやめるかやめないかの瀬戸際である話をしたところ、その取組がいかに人の役に立つ商品を生み出しているかを再認識させられ、「美味しい豚肉を、より安全な商品としてたくさんの人に食べてもらいたい」との思いがあらためて実感でき、自信となったとのことです。無投薬飼育を始めて4年目の2003年、農場の環境が安定したのか豚が順調に育つようになってきました。それまでは顧問税理士に無投薬飼育を早くやめるよう言われていたのが、この年の決算から言われなくなりました。以後飼育が軌道にのり、売り上げも安定し、現在ではオーガニックレストランや大手宅配業者などでのお取り扱いもあり、えばら「ハーブ豚」未来※2の名前で全国に知れ渡るようになりました。農場や豚の免疫力強化を図り、「ハーブ飼料」給餌の結果、内臓から健康で美味しい豚肉が提供できるようになりました。※1 無投薬飼育とは…抗生物質、合成抗菌剤、駆除剤を使用しない飼育方法です。そのため豚が病気になったり、怪我をしたりしないように最善の注意を払わなくてはなりません。※2 えばら「ハーブ豚」未来…㈲江原養豚で生産された無投薬豚の商標登録名称。●生産情報公表JAS認定取得生産情報(生産者、生産地、薬剤等の飼養情報など)を消費者に正確に提供するために取得されました。生産履歴とトレーサビリティを確認することが可能です。●主原料非遺伝子組換飼料Online Store>>Membership>>

ハーブとシルクで洗うシャンプー!お顔やボディーも洗えます。

今まで、高級な合成シャンプーをお使い頂いてきたきた方にもきっと満足していただける洗い心地と仕上がり感。間違いのない1本。それが「ピヨコ・ハーバルマイルドシャンプー」です。良く聞かれるのが、「石鹸シャンプーですか?」というご質問ですが、PIYOKOのシャンプーは石鹸シャンプーではなく、髪質を選ばず、お顔からボディーまで全身洗える、”微酸性アミノ酸シャンプー”です。お肌の弱い方も安心なので、生まれたての赤ちゃんの沐浴や美容院でも使われる安全性と仕上がり感の二つを両立させたうれしい1本です。ほんのはじめは高いかな?と思っても、実はそうではないというとてもお買い得なシャンプーです。下記の美しさやまとまりはもちろん、逃避の健康を考える方にも。また、使用している間の心地よさは折り紙つき。あえて香りを加えていないので、自分の好きなエッセンシャルオイルを加えて自分好みの香りに仕上げることも可能です。Online Store>>Membership>>メーカーサイト抜粋ベストセラーの植物性シャンプーです、リンスなしでも指通り滑らか。ハーブとシルクで洗うシャンプー。お顔やボディも洗えます。●植物のやさしさ泡立ちの良さ、すすぐ時の指どおりの良さは格別です。従来の植物性シャンプーにありがちな、洗髪後のきしみ、ゴワつき、汚れ落ちの悪さは一切ありません。●髪の毛へのやさしさシルクのハーブエキスをこの上なく贅沢に配合しました。やわらかな洗い上がりで、リンスは要りません。●お肌へのやさしさ髪質を選ばず、お顔からボディまで全身洗えます。お肌の弱い方も安心なので、全身シャンプーとして赤ちゃんからお年寄りまで家族全員で使えます。産婦人科や保育園、介護施設でもお使い頂いています。●お子様へのやさしさマイルドな微酸性です。お肌の弱い赤ちゃんや目にしみやすい方、お風呂嫌いのお子様にも。すすぎを手早くすませたいママにも大好評です。●エコノミーなやさしさスタンダードサイズ(500ml)1本で約5~6ヶ月分(お1人で毎日シャンプーにご使用の場合)と、大変経済的です。for ベビー&ママ私はいつもお客様に、「生まれたての赤ちゃんの柔肌を洗えるくらいのシャンプーですから、大人の髪や顔、体はもちろん洗えるんですよ」と、ご説明しています。piyokoのベストセラーであるこのシャンプーは、全身シャンプーとして産院や保育園、お年寄りの介護病棟などにも卸しています。肌の弱い赤ちゃんや目に沁みやすい方、お風呂嫌いのお子様やすすぎを手早くすませたいママにもとても好評。リンス不要なのも便利ですよ。*濃度が高いので少量で洗えます。まずは今お使いのシャンプーの1/3~1/2量から使い始めてみてください。一回分の使用量が少ないので、お一人でお使いの場合は毎日シャンプーをしたとしても5~6ヶ月ご利用いただけます。

さて、ごぼう茶は何がいいの?

小川生薬の北海道産 有機ごぼう茶栽培からこだわった安心の素材で作ったごぼう茶はありませんか?1925年創業、国産素材で漢方の生薬を作り続けて87年という信頼のメーカー「小川生薬」さんの北海道産、しかも有機栽培のごぼう使用のこのお茶です。漢方を知り尽くしたメーカーだからこそ、任される信頼の味わいです。さて、ごぼう茶は何がいいの?ポイントは2つ。ご存知ごぼうには、たっぷりの「食物繊維」と「抗酸化成分」が含まれています。ごぼうそのものを食すことはもちろんのこと、焙煎することでさらに効率よく吸収できるということが、ごぼう茶ヒットのポイントです。脂肪分の多いものをいただく時に、ごぼう茶を一緒にいただくことで脂肪の溶解を助けたり、ごぼうに含まれる水溶性のイヌリン腸内環境を整え、ゆるやかな血統値の上昇や利尿作用に働くといわれるためです。結果、健康の要である腸の美しさを促進し、代謝のアップに貢献するという考え方がその答えです。おいしい作り方・飲み方⇒目安として500mlの湯にティーパック1袋。煮出す場合は、沸騰後5分。火を止め、そのまま約10分。ハイ!おいしく頂けます。⇒また、急須に入れて熱湯を注いで蒸らすだけでも。⇒また、水出しでいただくことも可能です。Online Store>>Member Ship>>